About Us

TOP>About Us / 沿革

沿 革

当社は、2005年に、東京農工大学発酵学研究室(蓮見惠司教授)の医薬シーズを実用化することを目的に設立されました。
同研究室は、遠藤章博士(コレステロール低下薬スタチンの発見者、2008年ラスカー臨床医学研究賞、2017年ガードナー国際賞、1997年3月まで教授として在籍、現在 東京農工大特別栄誉教授、)の研究の流れを汲むもので、微生物由来の生理活性物質の探索研究を中心とし、その作用解析、薬効評価などを行っています。血液凝固・線溶系に作用する生理活性物質の探索の過程で、多数の新規化合物を発見しています。血栓溶解効果と抗炎症効果を併せ持つ低分子化合物群SMTPはこの過程で見出されました。
2018年6月には、リード化合物であるTMS-007をバイオジェンに総額3億5,700万ドルで導出する、日本のバイオベンチャーによるディールとして最大規模となるオプション契約を締結しました。

2005年2月 当社設立
2005年 - 2011年 SMTPの薬効薬理試験で血栓溶解促進作用、抗炎症作用、脳梗塞改善作用を確認
2011年11月 TMS-007の非臨床試験を開始
2014年10月 TMS-007 の臨床第Ⅰ相試験を開始
2015年10月 TMS-007 の臨床第I相試験を完了
2018年2月 TMS-007 の臨床第II相試験を開始
2018年6月 TMS-007をバイオジェンに導出するオプション契約を締結